トップ

月極駐車場の防犯

月極駐車場の基礎を覚える

月極駐車場と防犯システム

月極駐車場はその性質上、車上荒らしが発生しやすい場所です。近年では車内にカーナビや音楽プレイヤー、ノートパソコン、タブレット等が保管されている事もあり、悪者が金銭目的で、計画的に犯行に及ぶケースが増えています。カメラや防犯システムの無い月極駐車場だと、逃げた犯人を後から追跡する事が出来ません。手がかりがゼロだと、たとえ警察に相談しても良い結果は得られませんので、駐車場オーナーの方は犯罪が発生する前に、防犯システムの導入を考えましょう。もし仮に自己所有の駐車場で犯罪が発生すれば、悪い噂が広がり、借り手が減ってしまいますので、防犯システムの導入は急務です。

不正利用は逃げた瞬間に推理する

所用で運転してから契約した場所に戻ったとき、見知らぬ人物が近くにいて逃げたなら経済的な得に直結する機会と捉えます。真っ先に目を向けるのは、素早く去っていく一台に記された番号です。記憶にとどめておき月極駐車場の所有者に連絡を取ることによって、利用料の減免につながる可能性があります。逃げたということは、少なくとも後ろめたい何かがあると解釈できます。不正に利用していたのであれば、監視を強めて不届き者を月極駐車場の敷地内で説教できる確率が高いです。結果として平穏さが戻っただけでなく、秩序の安定に貢献したとみなされて利用料の優遇が見込めます。

↑PAGE TOP